10年放置していた車は動くの?売却方法もご紹介します!

クルマ売却ガイド

10年放置していた車は動くの?売却方法もご紹介します!

10年以上も車を放置していると、「もう一度運転できるのだろうか」「売却は可能だろうか」などが気になる方も多いのではないでしょうか。車検が切れている状態では公道を走ることができないため、適切な手順で手続きをしなければなりません。

 

そこでこの記事では、10年放置してある車に乗るための方法や手続きについて解説していきます。また、売却方法についても詳しく紹介しますので、車を手放す際に少しでも高く現金化するためのポイントをおさえておきましょう。

 

※目次※

1.10年放置されている車を運転するための準備

2.10年放置されている車を整備工場に持っていく手段

3.10年放置してある車は売却するほうがいいのか

4.10年放置してある車を手放すことにしたら

5.まとめ

 

■POINT

 

 

・10年放置している車は車検が切れているため、まずは中古車新規登録・車庫証明などの手続きが必要です。

・問題なく動くのであれば、仮ナンバーを取得して整備工場まで運転できます。

・車の修理に高額な費用を費やすよりも、新しく買い替える方法がよい場合もあります。まずは車の買取業者へ査定を依頼してみましょう。

 

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

 

10年放置されている車を運転するための準備

車のバッテリーは、定期的に乗ることで継続的に稼働します。早ければ1カ月放置するとバッテリーが上がってしまいますので、10年間放置しておくとほぼすべてのバッテリーは機能しなくなるといえるでしょう。

 

古い車を乗るためには修理や整備が必要ですが、無事に車が動いても公道を運転できる条件は満たしていません。そこで、安全に車の運転を再開するためにも、車検や再登録について理解しておくことが大切です。

 

車庫証明を取得

普通車を所有するときには、必ず「車庫証明」を取得しなければなりません。車庫証明とは車を安全に保管していることを証明するもので、車の名義人が運転免許を持っている場合・持っていない場合の両方で必要になる書類です。

 

車庫証明は管轄の警察署で取得できます。受付けは平日のみですので、余裕を持ってなるべく早くから用意しておくと安心です。また、車庫証明が不要なエリアもあるため、情報サイトや自治体ホームページなどで最初にチェックしておきましょう。

 

車検登録の必要書類を揃える

10年放置して車検が切れた車を再度車検に通すためには、中古車として新規車検登録を行います。実際に車検に通す前に下記の必要書類を準備することが大事です。

  • ・車庫証明書
  • ・自動車重量税納付書
  • ・自動車検査票(持ち込みの場合)
  • ・自賠責保険証明書
  • ・登録識別情報等通知書
  • ・印鑑証明書と実印
  • ・委任状(代理の場合)

 

車の所有者が変わる場合は、譲渡証明書も必要です。また、一時抹消登録をしてから10年以上放置してある車は、登録識別情報を通知していない可能性があります。この場合は、抹消登録をするときに交付の「一時抹消登録証明書」を用意しておきましょう。

(参考:『申請に必要な書類』

 

車の一時抹消登録をしていたら再登録する

車を乗るために必要な重量税は、車検が切れたあとにも納税の義務があります。ただし「この車にはしばらく乗らない」という意味で一時抹消登録を行うと納税は不要です。10年以上放置した車は、一時抹消登録済みであることも多くあります。

 

再度運転できるようにするためには中古車新規登録が必要です。普通自動車の場合は運輸支局、軽自動車の場合は軽自動車検査協会で手続きします。また、登録する前に車庫証明の発行・車検・ナンバープレートの取得を済ませておかなければなりません。自賠責保険にも必ず加入し、すべて完了したうえで再登録を行います。

 

10年放置されている車を整備工場に持っていく手段

中古車新規登録を行う前に、車検に通して車が安全な状態であることを証明する必要があります。ところが、整備工場までどのような方法で持っていくべきかがわからないこともあるでしょう。

 

車が動く場合は自分で運転できますが、保険への加入や仮ナンバーの取得が必須です。これらを満たさないと法律違反になりますので注意しましょう。

 

仮ナンバーを取得

車に詳しい方の場合、バッテリーの再始動や部品交換をするだけで車を動かせる状態になるかもしれません。事故を招くような不備がなければこのまま工場まで運転できますが、車検切れの状態では公道を走ることはできませんので、事前に車検の確認も必要です。

 

もし車検きれの場合は仮ナンバーを取得する方法があります。仮ナンバーがあれば一時的に公道で運転することが可能です。仮ナンバー申請には自賠責保険の加入が必要ですので、期限が切れている場合は事前に手続きを済ませましょう。

 

この場合、自分で運転でき必要な場所に移動することができますが、タイヤなど消耗品の交換費用がかかるという点を考慮する必要があります。

 

積載車で運ぶ

車の保管場所に駐車したままで動かすことができない場合、ロードサービス業者に依頼し、積載車(ローダー)に車を載せて整備工場まで運ぶ手続きが必要です。レッカーで運ぶ場合もありますが、業者によっては車検切れの車は対象外というケースもあります。

 

業者に移動の依頼をするときは、車検が切れていることを伝え、レッカーが可能かについて確認しておくようにしましょう。

 

また、車検・整備を行う業者に依頼した場合、保管場所から工場まで運ぶことが可能なこともあります。詳しいサービス内容や料金は業者によって異なりますので、最初にサービス内容と、車の運搬が可能かどうかをしっかり確認しておきましょう。

 

10年放置してある車は売却するほうがいいのか

10年以上放置した車でも、車に思い入れがある・乗車期間が短いなどの理由で「もう一度乗りたい」と考える方もいるのではないでしょうか。もちろん車が安全に運転できる状態であれば、継続的に乗ることが可能ですが、必ずしもベストな方法とはいえません。

 

車体や消耗品が劣化した車は、当然修理・部品交換を済ませてから車検に通します。このときにかかる費用がかなり高い場合は、新しい車を購入する方がよいかもしれません。

 

たとえば、前後タイヤ・バッテリー・ブレーキパッドといった消耗品は、数年ごとに寿命が訪れる部分です。これらの消耗品は2年に1度の車検で交換することが多いのですが、放置した車の消耗品を新しくする場合は、約10万円以上の出費になるケースも少なくありません。

 

このように古い車に多額のお金を費やして復活させることなく、車検切れのまま売却し新しい車を購入する方法もあります。

 

10年放置してある車を手放すことにしたら

「長年放置してもう乗れない」「新しく乗り替えた方が得だ」と判断した場合、少しでも多くの金額を車の購入費用にあてるため業者への売却依頼をおすすめします。売却先は大きく分けると、ディーラー・車買取専門店・廃車買取業者の3つです。

 

長く放置した車は「乗れない車なので査定が0円」と考える方も多いかもしれませんが、売却することで、売却金が戻ってくるケースは少なくありません。

 

ディーラーで下取り

新しい車の購入と同時に現在の車を売却したいときには、ディーラーで下取りをしてもらいましょう。限界まで乗り続けた車や故障した車は、廃車として処分依頼をすることもありますが、廃車するときに手数料が必要な場合もあります。

 

下取りを選択すると、手続きが1カ所で完結し時間が節約できるというメリットがあります。しかし、中古車業者に売却するよりも、売却金額は安くなるというデメリットも同時に覚えておきましょう。

 

また、下取りで見積もりを依頼したときに「値段がつかない」という理由から売却自体もできないケースも想定しておくことが必要です。もし、車に値段がついても価格が数万円程度ということもありえます。ディーラーと話し合いをして、売却金額が納得できないときには、別の方法を検討するとよいでしょう。

 

車買取専門店に査定依頼

「時間の節約よりも高価買取を重視したい」と考えているならば、中古車買取専門店に査定を依頼する方法をおすすめします。新しい車の購入する店舗とは違った店で手続きをする手間がかかりますが、ディーラーに下取りしてもらうよりも高く売れるケースもあるようです。

 

この理由は、買取専門店にはディーラーの下取りとは違った目的があるからです。車を整備して再販売するディーラーに対し、買取専門店は小さな部品・パーツを単体で販売しています。そのため、車自体に劣化や損傷が目立っても高価買取になるのです。

 

通常の車と比べると売却価格は下がるかもしれませんが、ディーラーでの下取りで0円査定となったというケースに有効な手段といえるでしょう。具体的な査定基準や買取価格は業者によって大きく変動するため、数カ所の業者に査定依頼をして比較することをおすすめします。

 

廃車買取業者に査定依頼

ディーラー・車買取専門店どちらでも0円査定となってしまった場合は、廃車買取業者に査定を依頼してみましょう。その名の通り「廃車」を前提とした買取業者のため、中古車買取業者よりもさらに細かい部分までチェックしてから買取価格を決めます。

 

部品やパーツの単体販売は、中古車買取とそれほど変わりませんが、ボディのアルミ・鉄といった金属資源を活用して貴金属・製鋼などの原料として売却します。ほかにも、普段は捨ててしまうようなプラスチック・ガラスにいたるまで現金に還元することができるのです。

 

したがって、もし使える部品がない状態の車でも、部品の再利用が可能なため0円査定になることはほとんどありません。ただし解体作業を行うためには廃車手続きが必要です。代行サービスの内容に含んでいるかどうかは業者によっても違いますので、サービス内容を事前に確認しておきましょう。

 

まとめ

10年以上乗らずに放置した車は、車検や自賠責保険が切れているだけでなく、部品・パーツも劣化しています。車に安全な状態で乗るためには整備が欠かせません。しかし、修理費用が高額になるのであれば、車を売却するという選択肢があることを知っておきましょう。

 

車を売却するときには、自分に最も合う方法をみつけることが大切です。業者選びに悩んでいるという方は、ぜひネクステージをご利用ください。中古車の売却だけでなく、新しい車の購入も可能です。当社では安心と信頼性が高いサービスを提供しておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

無料の査定を申し込む