廃車手続きは陸運局で!廃車手続きの方法や必要書類について解説!

ネクステージのサイトを検索お気に入りを見る

廃車手続きは陸運局で!廃車手続きの方法や必要書類について解説!

廃車手続きは陸運局で!廃車手続きの方法や必要書類について解説!

利用していない車をそのまま放置しておくと、自動車税などの維持費が発生します。余計な出費を抑えるためには、不要な車はできるだけ早く廃車に出すか、買取査定を依頼することが大切です。しかし、実際に廃車するときに必要となる書類や手続きについて、あまり詳しくない方もいらっしゃるかと思います。

 

そこで、この記事では一般の方にはあまり馴染みがない廃車手続きについて、事前に揃えておくべき書類や陸運局での実際の流れなどについてご紹介します。

 

※目次※

1.廃車にするためには陸運局で「抹消登録」という手続きを行う必要がある

2.廃車手続きを陸運局で行ううえでの細かい留意点

3.廃車手続きを陸運局で行ううえでの必要書類とは?

4.陸運局で行う廃車手続きのおもな流れ

5.車の廃車手続きの費用はどのくらい必要なの?

6.陸運局での廃車手続きは自力で行うか?それとも専門の業者に依頼するか?

7.いきなり廃車にすると決めずにネクステージで買取査定してもらおう!

8.まとめ

 

■POINT

 

・廃車にするためには陸運局で抹消登録の手続きを行わなければならない。抹消登録には「永久抹消登録」「一時抹消登録」「輸出抹消仮登録」の3種類あり、それぞれで内容が異なる。

・抹消登録を行う際は必要書類を不備なく揃えることが大切。手間を省きたいなら、廃車手続きを業者に依頼するのも有効である。

・乗れなくなった愛車にも隠れた価値がある場合が多い。臨時収入を得ることもできるので、廃車にする前にネクステージの買取査定サービスを受けよう。

 

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

「廃車」は陸運局で「抹消登録」という手続きを行う必要がある

廃車手続きは陸運局で!廃車手続きの方法や必要書類について解説!

不要な車を廃車にするためには、管轄地域にある陸運局に行って「抹消登録」という手続きを行わなければなりません。抹消登録には、「永久抹消登録」「一時抹消登録」「輸出抹消仮登録」の3パターンがあり、それぞれで登録の内容や車の扱いが異なります。

 

ここでは、廃車手続きの際に陸運局で受け付けている抹消登録について、「永久抹消登録」「一時抹消登録」「輸出抹消仮登録」の内容をご紹介します。

 

永久抹消登録

廃車する車を今後も使う予定がないときに行う手続きが「永久抹消登録」です。永久抹消登録は、タイミングや理由などで手続き上の扱いが変わってきますが、事前に工場などで車をスクラップしてから手続きを行うと「解体」として処理されます。

 

また、災害や盗難などで車の所在がわからなくなったときは「滅失」、廃車する車を物置などの別の用途で使用する場合は「用途廃止」と扱われます。どのような扱いであれ、永久抹消登録が完了した車は再度乗用車として乗ることはできません。

 

一時抹消登録

病気による入院や単身赴任などで一時的に車が必要なくなったときに行うのが「一時抹消登録」です。永久抹消登録の手続きを完了してしまうと、車が手元に残っていたとしても公道を走ることはできません。

 

それに対して一時抹消登録の場合は、再度利用するタイミングに陸運局で車の登録を行えば、公道を走行できるようになります。ただし、一時抹消登録した車の解体届出を提出すると、その車は解体として扱われて「永久抹消登録」に変更されるため注意が必要です。

 

輸出抹消仮登録

海外に車を輸出するときは「輸出抹消仮登録」の手続きを行います。輸出抹消仮登録はおもに車の販売業者が行う手続きですので、一般の方が手続きする機会は少ないかと思います。

 

ただし、海外への転勤などの際に日本で使っていた車を利用したい場合には、自分で陸運局に出向いて手続きを行うことも可能です。利用しない車がある場合、いずれかの抹消登録を行わないと自動車税が請求されますので、使わない車がある方は早めに抹消登録を済ませてしまいましょう。なお、自動車重量税や自賠責保険は車検を受けない限り発生しません。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

廃車手続きを陸運局で行ううえでの留意点

廃車手続きは陸運局で!廃車手続きの方法や必要書類について解説!

廃車手続きは陸運局で行う手続きで、その際は事前に書類の準備や確認を行っておくとよいでしょう。おもな確認事項は管轄の陸運局と車の所有権です。これらを確認しておかないと、陸運局に出向いても抹消登録できない可能性があります。

 

ここでは、廃車手続きでミスが起こりやすい留意点や業者に依頼して廃車手続きを進める方法についてご紹介します。

 

廃車手続きを行う管轄の陸運局を確認しよう

全国各地にある陸運局には管轄地域があり、廃車手続きを行うときは自分の地域を管轄している陸運局で行う必要があります。廃車手続きを行う陸運局はどこに出向いてもよいというわけではありません。所有している車がどこの陸運局に登録しているのか確認しておくことが大切です。

 

どの地域の陸運局に登録しているのかは、ナンバープレートを見ると調べられます。ナンバープレート上部に記載している地域がその車を管轄している陸運局です。また、管轄の陸運局がどこなのか把握できたあとは、手続きを行う予定日の受付時間も確認しておくとよいでしょう。

 

手続き前に所有権がディーラーやローン会社にないか注意

廃車手続きを行う前に所有権がだれになっているのか確認しましょう。ローンを組んで車を購入した場合、車の所有権は購入したディーラーあるいはローン会社になっています。手続きを行う本人が所有者ではない場合、本人と所有権が一致していないと判断されて、廃車手続きを受け付けてもらえません。

 

所有権がディーラーやローン会社になっている場合、所有権を解除しないと廃車手続きはできませんがローンを完済すれば所有権解除の手続きを行えます。ローンの支払いがまだ完了していない車を廃車する場合は、ローン残高を一括で支払って所有権解除の手続きを進めます。

 

廃車手続きを進めていこうと思った際は、まずはその車の所有権がだれになっているのか事前に確認しておくとよいでしょう。

 

廃車買取業者に依頼する方法も

廃車手続きが面倒だと感じる場合、廃車買取業者に依頼する方法もあります。廃車買取業者だと、手数料なしで廃車手続きを代行してくれます。また、そのような業者では車を運ぶレッカー費用やスクラップ料を無料とするケースも少なくありません。

 

再利用できる部品が含まれている場合は、その場で現金払いによって買い取ってくれるケースもあります。廃車買取業者は中古車販売ではなく、廃車から手に入れた部品を再利用、あるいは売却することを目的としています。車が走行できないほどのダメージを負っていても、部品に価値があれば買い取ってもらうことができるため、こちらの方法を選ぶ方も少なくありません。

 

車検証などの個人情報書類は業者に提出しなければいけませんが、自分が陸運局に出向いて手続きを行う手間はなくなります。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

廃車手続きを陸運局で行ううえでの必要書類とは?

廃車手続きは陸運局で!廃車手続きの方法や必要書類について解説!

事前の確認が済めば、廃車手続きで陸運局に提出しなければいけない書類を集めていきます。どの抹消登録を行うのかによって必要書類は変わりますので、すべての必要書類を正確に用意することが大切です。なお、陸運局で取得できる書類は無理して事前に用意しておく必要はありません。

 

ここでは3種類の抹消登録ごとに廃車手続きで必要となる書類をまとめてご紹介します。

 

永久抹消登録の必要書類

まずは、永久抹消登録の必要書類を以下の表で確認してみましょう。

あらかじめ用意しておくもの

・所有者の印鑑証明書(発行から3か月以内のもの)

・登録済みの実印

・車検証

・ナンバープレート(前後面2枚)

・リサイクル券

・移動報告番号と解体通知日のメモ

・マイナンバーカード(または通知カード)のコピー

当日に現地で手に入るもの

・永久抹消登録申請書

・自動車税・自動車取得税申告書

・自動車重量税還付申請書

・手数料納付書

※slide →

「永久抹消登録申請書」「自動車税・自動車取得税申告書」「自動車重量税還付申請書」「手数料納付書」は手続きの際に現地の陸運局で手に入りますので、事前に用意しておく必要はありません。

 

また、永久抹消登録申請書には、車をスクラップ処理したことを示す移動報告番号と解体通知日を記入しますので、これらが記載してある書類を持っていくかメモに書き込んでおきましょう。

 

一時抹消登録の必要書類

次に、一時抹消登録では以下の表で示した書類が必要になります。

あらかじめ用意するもの

・所有者の印鑑証明書(発行から3か月以内のもの)

・登録済み実印

・車検証

・ナンバープレート(前後2枚)

当日に現地で手に入るもの

・一時抹消登録申請書

・手数料納付書

※slide →

「一時抹消登録申請書」と「手数料納付書」は、手続きの当日に陸運局で入手できますので、事前に準備しなくても問題ありません。そのほかの書類は事前に記入・準備しておきましょう。

 

また、現在登録している所有者の住所や氏名などが変更となっている場合は、変更登録申請が必要です。個人の場合は、住民票(マイナンバー記載なし)や住民票の除票など、現在登録している内容とつながりが確認できる書類を用意します。

 

輸出抹消仮登録の必要書類

最後に輸出抹消仮登録の際に必要となる書類を、以下の表にまとめました。

あらかじめ用意するもの

・所有者の印鑑証明書(発行から3か月以内のもの)

・登録済み実印

・車検証

・ナンバープレート(前後面の2枚)

・輸出予定日のメモ(6か月前から申請可能)

・変更登録、移転登録(所有者が変更になる場合)

当日に現地で手に入るもの

・輸出抹消仮登録申請書

・手数料納付書

※slide →

「輸出抹消仮登録申請書」「手数料納付書」は陸運局で受け取って記入できます。ほかの書類は事前に準備しておきますのが、気をつけたいのが「輸出予定日のメモ」です。輸出抹消仮登録申請書には輸出予定日を記入する項目がありますので、忘れずに書類を用意するか別の紙にメモしておきましょう。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

陸運局での廃車手続きの流れ

廃車手続きは陸運局で!廃車手続きの方法や必要書類について解説!

必要書類がすべて不備なく準備できたあとは、実際に陸運局に出向いて廃車手続きを進めていきます。陸運局でも必要書類を記入したりナンバープレートを返却したりするなど、やるべきことがいくつかあります。当日に慌てないように事前に手続きの流れを把握しておくとよいでしょう。

 

ここでは、実際に陸運局での廃車手続きの流れをご紹介します。

 

1.陸運局で「抹消登録申請書」「手数料納付書」を入手

まずは、現地で用意できる書類を入手しましょう。手続き日の当日、陸運局に着いたあとは用紙販売所にて「抹消登録申請書」と「手数料納付書」の2つを揃えます。多くの陸運局の受付時間は平日午前9時から午後4時までであり、記入する時間を考慮して早めに出向いておくと、余裕をもって手続きをすることができます。

 

受け取った申請書に必要事項を記入するときは、手元にある車検証や解体証明書を参照しながら間違いのないよう記入しましょう。

 

2.ナンバープレートを担当窓口に返却

事前に用意しておいた2枚のナンバープレートを返納担当窓口にて返却します。返却が済むと手数料納付書に「確認印」が押されますが、盗難などでナンバープレートが手元にない場合、ナンバープレート紛失の理由書を記入する必要があります。

 

3.抹消登録に必要な書類一式を提出

必要事項の記入およびナンバー返納の押印が済めば、必要書類の準備は完了です。あとは、事前に用意した書類とともに、抹消登録に必要な書類をすべて揃えた状態で窓口に提出します。担当者の方が記入内容をチェックして書類に不備がなければ、抹消登録の手続きは終了です。

 

このとき、自賠責保険の解約に必要なる「登録事項等証明書」の発行を申請しておくとよいでしょう。登録事項等証明書は車を廃車したことを証明する書類で、永久抹消登録の際には申請して発行してもらう必要があります。申請してから発行されるまでにはおよそ1か月かかりますので、できるだけ早く申請しておくとゆとりをもって手続きを進めていけるでしょう。

 

ただし、一時抹消登録の場合、廃車証明書はその場で受け取れますので申請する必要はありません。

 

4.自動車税の抹消申告をする

順調に所定の廃車手続きが完了したあとは、最後に自動車税の抹消申告を進めていきましょう。陸運局と同じ敷地内には「自動車税事務所」という場所があり、自動車税の抹消申告を申し込めます。

 

自動車税事務所にて「自動車税・自動車取得税申告書」が手に入りますので、必要事項をもれなく記入して担当窓口に提出します。

 

この手続きが完了すると、事前に支払っている翌月から年度末まで支払っている自動車税が分割で返還されます。また、翌年度からは自動車税の請求は行われません。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

車の廃車手続きの費用はどのくらい?

自分で陸運局に出向いて廃車手続きを行う場合、費用は数百円ほどです。ただし、スクラップ処理をして永久抹消登録を行う際は、別途スクラップ料が発生します。

 

依頼する業者によって異なりますが、おおむね1万円以下の費用でスクラップ可能です。廃車を専門とする業者の場合、廃車の部品で使えるところがあればそれを買い取ってくれたり、スクラップ料を無料にしてくれたりすることもあります。

 

一方、業者に廃車手続きを依頼した場合、廃車費用のほかに別途費用がかかってしまうことも少なくありません。5,000円~1万円ほどですが、業者によっては無料で行ってくれる場合があります。自分で廃車手続きを行えばこのような費用はかかりませんが、書類の準備や時間づくりといった手間がかかります。

陸運局での廃車手続きは自力で行うか?業者に依頼するか?

廃車手続きは陸運局で!廃車手続きの方法や必要書類について解説!

廃車手続きの方法には、自力で行う方法と業者に依頼する方法の2とおりがあります。自力で行えば廃車費用を節約できるかもしれませんが、事前準備や書類チェックなどに手間がかかります。一方、業者に依頼すれば別途費用が発生しますが、陸運局の手続きはすべて代わりに行ってくれるため、余計な労力をかけずに済ませることが可能です。

 

ここでは、陸運局での廃車手続きは自力で行うか、それとも業者に依頼するのかについて、メリット・デメリットとともにご紹介します。

 

自力での廃車手続きは書類不備があった場合に面倒

業者に依頼せずに自力で廃車手続きを行う場合、書類の準備などがわずらわしいというデメリットがあります。自力で手続きを完了させるためには、必要書類を不備なく自分で準備する必要があります。中には発行まで時間がかかる書類もあるでしょう。

 

せっかく時間を作って陸運局に出向いても、用意した書類にミスや問題が見つかれば廃車手続きはできません。基本的に陸運局は各都道府県に一か所しかなく、アクセスしにくい場所にあることも少なくありません。

 

さらに、陸運局の一般的な受付時間は平日の午前9時から午後4時の間で限られており、実際に行くとなると仕事を休むなどスケジュールを調整する必要もあるでしょう。陸運局へ行くだけでもかなりの負担になる人も多いかと思いますので、書類不備によってまた出向くとなると面倒さは倍増します。

 

業者に廃車手続きを依頼すれば手間なく完了できる

業者に廃車手続きを依頼するメリットは、自分で行うよりも手間なく廃車手続きを完了できることです。必要書類を業者に提出すれば、あとの陸運局での手続きはすべて代わりに行ってくれます。

 

ただし、業者に依頼すると廃車手続きを代行した手数料やサービス料を請求される可能性があります。一般的に廃車手続きの代行でかかる費用相場は1万円以内です。また、依頼する業者によっては無料で請け負ってくれるところもあります。

 

業者に廃車を依頼するとコスト面での負担は増えてしまうかもしれませんが、時間の浪費や精神的ストレスの緩和に期待できます。廃車にかかる面倒や負担を少しでも軽減したい方は、業者に廃車手続きを依頼するのも有効な手段です。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

まずは廃車にせずにネクステージで買取査定!

不要な車は廃車を前提とせずに、一度買取の査定に出してみるのもひとつの手段です。年式が古くて走行距離が長い車でも、予想外に高額な査定額になる可能性があります。

 

お手元の車の廃車をお考えの方がいらっしゃいましたら、まずはネクステージの買取査定サービスをぜひご利用ください。ネクステージではLINEアプリによる査定にも積極的に取り組んでおり、店頭に行く時間がないお客様でも基本情報をLINEで送るだけで大切な愛車の概算価格をお知らせいたします。

 

実際に目で見てお車を査定するときは足マットや手袋の装着などを徹底して行い、愛車の価値を下げることがないよう愛情を込めて査定いたします。ネクステージは再販力に自信がありますので、他社よりもご納得いただける査定額を提示できるでしょう。

まとめ

廃車手続きは陸運局で!廃車手続きの方法や必要書類について解説!

廃車手続きを行うときは業者に依頼する方法が確実で安心ですが、見た目ではわからない価値が眠っているかもしれません。廃車にすると決める前に、信頼できる中古車買取業者に査定を依頼してみることをおすすめします。

 

ネクステージの買取査定は、お客様がご満足いただけることを第一に考え、どこにも負けない価格で愛車を買取いたします。また、弊社の査定ミスによる契約後の査定額変更は決して行いません。愛車の買取査定をお考えの方がいらっしゃいましたら、信頼できる買取実績を有するネクステージの買取査定サービスをぜひご活用ください。

 

ネクステージ クルマ買取サービスのご案内・無料査定申し込み >

廃車手続きは陸運局で!廃車手続きの方法や必要書類について解説!

 

無料の査定を申し込む

 

ページトップへ