車買取時にETC車載器は売る?取り外す?ETCの買取相場について解説

クルマ売却ガイド

車買取時にETC車載器は売る?取り外す?ETCの買取相場について解説

最近では、ほとんどの車にETC車載器が取り付けられています。有料道路の支払いをスムーズに便利な設備ですが、売却時には取り外すべきなのか疑問に感じている人も多いのではないでしょうか。また、そのまま売ると査定額は高くなるのかについても気になるところです。

 

そこで本記事では、少しでもお得に売却するために、ETCは「付けたまま売る」か「取り外して売る」のとどちらが良いのかについて解説していきます。そのほかにも、ETC車載器を売るときの注意点や買取相場といった気になる情報についても詳しく触れていきます。

 

車買取時にETC車載器は売るべきか取り外すべきか?

最初に確認しておきたいのが、ETC車載器が付いているかどうかは査定額に大きく影響しないことです。なぜなら、安ければ1万点程度で取り付けることができるからです。とは言っても、「取り付けたまま売る」「取り外して売る」のには、それぞれメリット・デメリットがあります。両方の特徴を知ったうえで検討しましょう。

 

ETCを取り付けたまま売るメリット

ETCを取り付けたまま売れば、取り外し費用などが一切かかりません。

 

依頼する業者によっても費用は異なりますが、ETC車載器を取り外すためには相場で3,000円~5,000円程度かかります。高く売りたいと考えている人なら、デメリットと感じてしまうでしょう。

 

ここで懸念されるのが、個人情報の問題です。しかし、ETCにはナンバーなど車の情報は書き込まれているものの、住所や氏名といった個人情報は一切入っていないため問題ありません。

 

ただし、新しく乗り換える車にETC車載器が取り付けられていなければ、新しく購入する必要があります。その際には、本体価格だけでなく、取り付け料金やセットアップ代などがかかります。

 

ETCを取り外して売るメリット

新しく購入する車にETCが付いていなければ、そのまま取り外したものを活用できます。

 

ただし、取り外すための費用(3,000円~5,000円)だけでなく、新しい車に取り付けるための工賃(4,000円~10,000円)、セットアップ代(3,000円)などが必要になるため注意してください。

 

セットアップとは、ナンバーなどの車両情報を暗号化してETC本体に書き込むことです。セットアップをするためには高度な技術が必要なため、指定された店舗でしか対応していません。

 

また、ETC車載器を取り外すことにより、車とは別で買い取ってもらえることもあります。特にナビ連動機能があるなど性能に優れているものであれば、高額査定につながる可能性もあります。

 

乗り換えの場合は新車にETCがあるか確認しよう

どちらの方法を選ぶにしても、それぞれにメリット・デメリットを挙げることができます。

 

ここで気を付けて欲しいのが、新しく乗り換える車にはETC車載器が取り付けられているかを確認することです。新たに取り付けるためには多くの費用がかかってしまうため注意が必要です。

 

とは言っても、安ければ1万円程度で販売されているため、新しく購入しても費用はそれほど変わりません。最新型のETCが取り付けられていれば、取り外してから売却した方が良いでしょう。

 

ETC車載器の買取相場

国土交通省のデータでは、ETC利用率は91.2%という数字が出ています。(2018年8月時点)

参照道路:ETC利用案内:ETCの利用状況 - 国土交通省』

http://www.mlit.go.jp/road/yuryo/etc/riyou/index.html

 

このように、ETC車載器の需要は高いため、車から取り外して本体のみの買取を行っている業者も少なくありません。では、ETC車載器の買取相場はどれくらいになってくるのでしょうか。

 

ひと口にETC車載器と言っても、数多くの種類があります。通常のモデルであれば5,000円~10,000円程度で購入できてしまうため、査定額は500円程度にしかならないことがほとんどです。

 

一方で、基本機能以外にも「ナビ連動型」や「ETC2.0」に対応している性能に優れているETCも販売されています。このようなグレードの高いものであれば、数千円の査定額になるかもしれません。

 

ETC車載器を売るときの注意点

新しくETC車載器を購入するなど、いままで使っていたものが不要になることもあるでしょう。また、性能に優れた最新型のETCであれば、取り外してから単体で売ることをおすすめします。しかし、中古のETCを売るときのいくつかの注意点があります。これらをしっかりと確認してから、売却するかどうかを検討してください。

 

次の車にETCがついているか確認する

一番大事なのが、新しく乗る車にETCがついているかどうかを確認することです。

 

販売店によってはETCを無料で取り付けてくれるところもありますが、基本的には新しいETC車載器を取り付けるためにはセットアップ代や取り付け工賃などの費用がかかってきます。

 

有料道路などを頻繁に利用する人であれば、ETCを欠かすことはできません。新たに取り付けるための費用がかかってしまうことを考えれば、しっかりと確認しておくことをおすすめします。

 

ETC車載器単体で売った時の相場を調べる

先にも触れたように、ETCの種類によって買取価格は大きく異なります。

 

基本性能しか搭載されていないETCであれば、売却しても500円程度の査定額にしかなりません。また、性能に優れたグレードの高い製品なら、高額査定も期待できるでしょう。

 

さらに、購入してから3年以上経過しているETCの買取は難しい場合もあります。本当に売却してもお得になるのかを知るためにも、事前に買取相場を調べておくことも大切です。

 

ETC車載器を自分で付け替えることは控える

ETC車載器の「取り付け」「取り外し」には、ある程度の費用がかかります。

 

少しでもお得に作業をすることを目的に自分で付け替えようとする人もいますが、極力控えてください。特別な資格は必要ないので自分で行うことも可能ですが、リスクが伴います。

 

たとえば、配線を切ってしまうなどです。このような事態が起きれば、購入したETCが使えなくなるかもしれません。また、複雑な作業になることからも、素人には難しいと思っておきましょう。

 

ETC車載器を乗り換えた車で利用するときの注意点

新しい車に乗り換えたときには、ETCのセットアップをしなければいけません。

 

セットアップとは、車両情報をETC車載器に書き込むことです。しかし、高度なセキュリティ処理が必要になるため、自分ではできません。そのため、専門業者に依頼することになります。

 

セットアップ費用は、業者によってまちまちですが、3,000円程度が相場です。とは言っても、最初からETCが搭載されている場合であれば、セットアップ済みであることがほとんどです。

 

【その他】ETCについて詳しくなろう!

いつも何気なく使っているETCですが、知らないところで変化し続けています。そこには、普段の生活でお得になる情報やドライブのときに便利になることが盛りだくさんです。少しでも知識を蓄えておくことで、今後に活かすことができるかもしれません。ここでは、ETCに関する最新情報をいくつかご紹介します。

 

乗り換えるとETCマイレージはどうなるのか

ETCマイレージとは、ETCの利用料金に応じてポイントが貯まるサービスのことです。

 

ETCで貯めたポイントは、有料道路の利用料金として使うことができます。ETCマイレージを利用するためにはETCカード情報を登録する必要があり、登録や年会費などはすべて無料です。

 

なお、以下の場合は登録情報を変更しなければいけません。

 

ETC車載器を付け替えた場合:「車両番号」を変更

新しいETC車載器をつけた場合:「車両番号」と「車載器管理番号」を変更

 

ETCマイレージの登録情報を変更しないと、それまでに貯めたポイントが失効されることもあります。手続きが面倒と思うかもしれませんが、忘れずに変更しておきましょう。

 

ETC2.0について

ETC2.0とは、2016年から首都圏でサービスが開始されたETCの進化版です。

 

高速道路上に設置されたITSスポットから「渋滞回避」「安全運転支援」「災害時支援」といったドライバーにとって役に立つ情報を誰でも無料で受信することができます。

 

これらのサービスを利用するには、ETC2.0に対応した車載器が必要です。取り付けには3万円程度と少し高くなってしまいますが、余裕がある人は導入の検討をしてみてください。

 

車買取ならネクステージ!

少しでも愛車を高く売りたいと考えているなら、ネクステージにお任せください。

 

ネクステージなら自社の販売店舗を持っているため、どんな中古車でも高額で買取しています。もちろんETC車載器もしっかりと査定させていただきますので、ご安心ください。

 

他社よりも1円でも高く買い取ることを掲げているので、納得できる査定額を出すことができます。愛車の価値を知るためにも、一度ネクステージの無料査定を受けてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

ドライバーにとって便利なETCですが、売却するときには「取り外して売る」のと「取り付けたまま売る」のでは、それぞれにメリット・デメリットがあります。どちらを選ぶにしても、次の乗る車にETCが搭載されているかどうかを確認することを忘れずに。また、ネクステージならETCがついている中古車を積極買取していますので、ぜひ無料査定に出してみてください。

 

 

■月並みですが・・「あなたのクルマ、高く買います!」ぜひ他社とも比較してください!